読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおとの日常♪

不定期でなおとの「日常」をお送りしております。遡るとヒッチハイクで日本一周した昔話しもありますよ〜。25歳までに音楽でスーパースターになる事が私の野望です☆

秋田美人に一目惚れ。




おはようございます。
テント泊には慣れてきました。
ただ暑いです。夏場は外にいると虫刺されがひどいです。蚊にボコボコにされました。
夏を体で感じます。
今日の目的地は男鹿半島
ここは秋田のなまはげの聖地みたいなところらしいです?
なまはげを見に行くだけ。

身支度して公園前の道でヒッチハイク
時刻は午前9時。
交通量はそこそこ。
秋田ナンバーばかりです。
秋田県民の反応は如何に。
ちやほやこちらを見てくれているので手応えはありそうだ。
途中埼玉から来たおばちゃんが歩いてきて声をかけてくれた。
笑顔で続けること20分。車が止まる。
お‼︎ 赤いつなぎを着たおっちゃんだ。
男鹿に行くことを伝えると途中の八竜まで送ってくれるとのこと。
ありがとうございます‼︎
やった。嬉しい。こんなに早く捕まえられるとは。
おっちゃんは秋田市に向かうところだったようだ。
秋田市⁈ 秋田の県庁所在地。
人も多く栄えてるはずだ。
悩むこと数分。なまはげをスルーして秋田美人を捕まえに行くことにした。
本当にコロコロ変わる自分。
ちょうど夜に秋田市で有名な東北三大祭りの1つである竿燈祭りがあるようだ。しかも最終日。
夜も楽しめそうじゃないか。
高速に乗り秋田市までは約1時間ほどで到着し
た。祭りの準備がしてある。車も人も多い。
おっちゃんの知り合いの人と合流して1時間ほど休憩。スイカをご馳走になりました。
f:id:naotonozinsei:20150806185127j:image
4分の1はデカイっす…。
なんとか食べきりました。
おっちゃんと知り合いの人がしゃべっている会話の内容が全然分からない。
そう。地元同士だと訛りや方言が強く出て聞き取れないのだ。本当に。
2割くらいしか分からない。
個人的に青森より秋田の方が訛りキツい気がした。
さて休憩した後は近くに千秋公園という大きな公園があるのでそちらまで乗っかって下車。
感謝と別れを告げた。
f:id:naotonozinsei:20150806185654j:image
ありがとうございます‼︎

あっつい‼︎ お天気が過ぎる。
とりあえずiPhoneの電池が10%を切っていた。
充電できるところ探さなきゃ。
テント張れるか聞いてみなきゃ。
大変大変。
ひとまず公園内の売店に入った。
店のおかあさんにダメ元でケータイの充電させてもらえませんか?と聞いたらなんちゃない顔でいいよと一言。
え⁈ ありがとうございます‼︎ 優しい…。
店内のコンセントを拝借。お客さんに見えるよこれ。いいのかなぁと思いながら充電。
これはありがたいよ。ネカフェや宿を探さなくて済んだんだから。
公園の管理事務局に行きテントを張れるか聞いてみたら周囲の人の迷惑にならなければ良しとのこと。はーありがたい。秋田県民はあったかいんだからぁ〜。今日はあったかすぎる。
よし公園を一周してテント張る場所を探すがおれは売店の裏に張ることを決めた。
売店のおかあさんとこの辺の地元のことを聞いてテント張ることを伝えた。問題なし‼︎
時刻はお昼を過ぎた頃。
秋田駅周辺に下りてなにか食べることに。
f:id:naotonozinsei:20150806190855j:image
若い人がたくさんいる‼︎
栄えてるなぁ。
昨日の能代市とはまるで違う。
能代市が6万人とかで秋田市は30万人くらいいるみたい。
昨日公園で話した人が言っていたForusというビルがあった。
ここは通称秋田のマルキューと地元の若い人の間で言われているそうだ。マルキューとは東京渋谷にある若い世代のフアッションの聖地のようなそんな場所。アパレル? 洋服と雑貨屋さんなどなど。
入るとおねえさんがいる。若いね。
音楽も東京を感じさせる最近の洋楽が流れている。なるほどね。
駅ビルの方に入ると3階に食事の出来るお店がいくつかあった。
秋田の名物ないかなぁとまわると比内地鶏の親子丼。美味しそう‼︎
比内地鶏って聞いたことあったけど秋田だったのね。この辺じゃないみたいだけど。
ここに決めた。
入った瞬間当たり。秋田美人発見‼︎
スタイル良い。身長が恐らく173くらいはあったね。髪はロングで縛っていたけど。
歳は22かそこらだな。若い。キレイ☆
見惚れた…。
モノホンの秋田美人だ。
取り敢えずメニュー。
究極の親子丼⁈ 比内地鶏比内地鶏の卵を使った親子丼だ。半端なく美味そう…。
稲庭うどんも食べられるのか。
これも秋田名物です。
どっちも食いたいからどっちも食えるやつにした。
早い‼︎ 5分もしないできたよ。
f:id:naotonozinsei:20150806192401j:image
美味そう‼︎ 絶対うまいに決まってる。
はい。美味しい。正解。
稲庭うどんはうどんというよりそうめんに近い感じでした。さっぱりとしてよかったです。
比内地鶏美味しい。ご馳走様です。
1600円也。
秋田美人ねえさんと写真撮りたかったけど忙しそうで声すらかけられなかった…。
今日一番の悔しい気持ち。
色白で顔整っててスタイル良くて。
東京とは違う可愛さがありました。
方言女子最高‼︎ 結婚したいです。
ありがとうございました‼︎

さて暑いから冷たいモノが食べたくなりますね。
ここ秋田でしか食べられないモノがあるよと昨日の地元のおねえさんに聞いたので例のババヘラを食べに行きますよ。
ババヘラとは?
これだ。
f:id:naotonozinsei:20150806223733j:image
ババヘラアイスです‼︎
かわいくてキレイでしょう? 
これはバラ盛りです。
いくつか盛り方があるようで。
色はこの2色が一般的。
味がちゃんとありましてピンクがイチゴで黄色がバナナでした。
夏の間だと思うんですが道端にパラソルを立てそこに1人のおばちゃんがこのババヘラを売っています。
本当に道端ににポツンと立っているのです。
ここに来るまでにも見つけました。
今は祭りの時期なのでいっぱいいますね。
なぜババヘラと呼ばれているのか?
このアイスはヘラで盛りつけるタイプなんですね。おばちゃんが。
婆婆+ヘラ=ババヘラ
みたいな感じだったと思います。多分。
思ったより甘ったるくないのね‼︎
爽やかなシャーベットです。NICE.

まったりして竿燈祭り本番‼︎
最終日なので道は人であふれかえっています。
f:id:naotonozinsei:20150806224717j:image
竿燈とは竹竿にたくさんの提灯をぶら下げてそれを人が色んな形で支えるというかなんかすごいやつです。
高い高い。多分10mくらいあると思います。
近くで見るとまたおもしろい。
f:id:naotonozinsei:20150806225222j:image
少年すごい‼︎ かっこいいぞ‼︎
見てると支え方がたくさんある。
手のひら。肩。腰。額。etc.
f:id:naotonozinsei:20150806225421j:image
歓声が上がり拍手。
すごいバランス感覚だ。
何kgあるのかは知らないが額で支えてた人もすごかったなぁ。
見れてよかったです‼︎
1時間ほどしか見れなかったけどとても楽しめました。200以上の竿燈が出たみたいです。
出た‼︎ 帰り際に秋田観光レディ発見‼︎
f:id:naotonozinsei:20150806225749j:image
秋田美人って華があるねぇ。
キレイ‼︎ 素晴らしい‼︎ 感動。
人混みすぎてまた一緒に写真撮れなかったのが悔し過ぎる…。ため息。
また会いに行きます(^o^)

さぁ祭りも終わり夜の12時までやっている近くの温泉へ向かう。
しっかり汗流さんとな。
うん。最高でした。
やっぱり水風呂好きだ。
温泉と水風呂のインターバルで交互に入ると身体が変わる。疲れがよく取れる気がする。
生きてるわ。このままここのホテルに泊まりたいくらい。

明日もう秋田出ようかと考えてたけどあと1日いよう。秋田美人と友達にならなきゃいけない新しいミッションが出来たから。
あと洗濯。もう替えがないからコインランドリーでまとめて倒す。今はいているパンツも3日目に突入しているはず。
おークサ。クサメタル
身体流した後にそれはくのなんかね…。
明日は洗濯‼︎ 

秋田よく知らなかったけどかなり好きになった。秋田美人とか昔の話だろうとか思ってたけど嘘じゃなかった。駅中の本屋で秋田美人100人みたいな雑誌を熟読した。
秋田美人の条件があって地元が秋田出身以外に両親のどちらかが秋田出身なら秋田美人になるみたい。へぇー。これ欲しい。
あいつも実は秋田美人かも。探してみよう。
秋田美人って言ってもそれぞれにタイプがあるからね。一概にみんなが美人とは言わないかもしれないけど品があって美人だと思いました。
もちろん美人とは言えない人もいました。
秋田美人言われてるけど秋田出身で美人とは言えない人達の気持ち考えたらなんか複雑…。
変なプレッシャーというかそういう意識はあるのかないのか。気になった。

夏の時期だからか観光する場所はそんなにないのかなぁ。食べ物は多い。
きりたんぽ。稲庭うどんババヘラアイス。
比内地鶏いぶりがっこ。じゅん菜?etc.
いぶりがっこというのはたくあんの燻製です。
秋田では漬物のことを「がっこ」と言うそうです。方言かな? 昼の親子丼の時に付け合わせであった。燻してあるのがわかる。おれは好き。
観光名所はまだなにも…。
やはり秋田は自分の足でこれだと思う秋田美人を探すのが一番の観光かもしれない。

それではまた明日。