読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおとの日常♪

不定期でなおとの「日常」をお送りしております。遡るとヒッチハイクで日本一周した昔話しもありますよ〜。25歳までに音楽でスーパースターになる事が私の野望です☆

京都府上陸‼︎ いざ京都観光へ☆


おはようございます。
関西はいいお天気でございます‼︎
起床は午前9時。

iPhoneの充電がまたまた20%を切る。
なので朝からトイレにこもります。
それはトイレに電気があるからです。
トイレで充電が出来る⁉︎
大きいトイレならほぼコンセントがあるのでそれをちょいちょいとね^^;
電気泥棒かと言われればまぁ…。
ごめんなさい。
公衆トイレはみんなのものであってみなさんの税金で建てられたものなはず…。
私も少なからず消費税という税金を納めているということでご勘弁を^^;
その間読書タイム。
充電を終えお昼。


さて京都観光へ行きますか‼︎
まずは荷物を京都のその辺に放置して準備完了‼︎
京都の全てが観光地過ぎてこりゃあ周りきれない。
取り敢えずお昼ごはんを食べていなかったのでお昼を探す。
そういえば京都のラーメンで有名なお店があった。東京にも店舗があるラーメン屋。

そう。テンイチ‼︎
ラーメンの 「天下一品」である‼︎


f:id:naotonozinsei:20151027230544j:image



池袋ではじめて食べたのを覚えている。
ドロドロスープでトンコツのこってりラーメンだった。
あんまり美味しくはなかったなぁ…。
ここ京都の一乗寺にある「天下一品」の総本店へ来た‼︎
ここ以外にも美味しいラーメン屋さんが一乗寺にはたくさんある。
京都のラーメン横丁だ‼︎
ご注文はもちろん「こってり」で!



f:id:naotonozinsei:20151027230343j:image



ん〜トンコツラーメンのいいにおいだ(^o^)
スープを一口。
ザ・こってり系‼︎
池袋で食べたモノより美味しいなぁ。
でも懐かしい。
このスープを飲み干したら高血圧と糖尿病のダブルパンチ☆であろう。
ご馳走様でした‼︎


そして向かうは「金閣寺
この辺は確かに修学旅行で歩いたのを覚えている…。
中学3年生だったな。懐かしい〜(*_*)
入場料400円。
閉園間際なのに結構な人だ。
やっぱり外国人観光客もかなり多いね。



f:id:naotonozinsei:20151027231058j:image



いや〜あんな輝いてたんだなぁと思いながら記念に1枚。
綺麗でゴージャスです。
成金感。贅沢なお寺だよ。
金閣寺の中は入れないみたい。

時刻はもう夕方5時。
急げ〜。
次は「渡月橋」へ行きました。
ここは修学旅行では行ってなかったです。
嵐山方面ですね。
この近くの駅がまた京都な雰囲気でねぇ〜。



f:id:naotonozinsei:20151027231501j:image



綺麗です。
お土産屋さんがたくさんありました。
八つ橋もお漬け物も。
南瓜のお漬け物は珍しいね。
暗くなって「渡月橋」を写真に撮れなかった〜。
だから周囲の建物を。



f:id:naotonozinsei:20151027231730j:image



橋を渡ると旅館があります。
泊まってみたいものだ。

はい次‼︎
京都タワー」を見よう。
京都駅へ向かいます。



f:id:naotonozinsei:20151027231854j:image


夜も綺麗です。
これは修学旅行で登ったね。
たわわちゃんなるキャラクターがいたのを思い出した。
一緒に写真も撮ったけな〜。
懐かしいです。

はい次‼︎

清水寺」へ向かうも閉園。
でも外からチラッと覗くとライトアップされている‼︎
これがとても綺麗なんだろうなぁ。
11月になると夜のライトアップでも入場出来るそうです。
まだダメなのか_| ̄|○
これは是非見たいね。
また来年かな⁈
夜の祇園を駆け足で抜けてお家へ帰りま〜す。
マイホームの琵琶湖ハウス。
勝手に名付けた。
浜大津へ帰宅。


そんな感じで京都観光終了でございます。
かなり駆け足な感じでしたが京都さん本当にありがとうございました。
京都の街や建物は素晴らしい。
人も言葉も美しいと思った。
そんな文化や伝統をどうか守り続けてほしい。
そして最後に自分の中で悔いが残ってしまった事が一つありそれが納得いかない‼︎
なにやってんだ自分。 情けない。
こんなんじゃ申し訳なさ過ぎる。
そして雨…。 
だから絶対リベンジするぞ‼︎
どうかその時はまたよろしくお願いします。


明日は三重県へ突入するぞ〜。
お天気さん晴れて下さいませ。


それではまた明日☆




f:id:naotonozinsei:20151027233332j:image



琵琶湖ハウスからの眺め


澄んでる。