なおとの日常♪

不定期でなおとの「日常」をお送りしております。遡るとヒッチハイクで日本一周した昔話しもありますよ〜。25歳までに音楽でスーパースターになる事が私の野望です☆

金子みすゞを訪ねて。 みんなちがってみんないい




※ この記事は12/27の内容です




おはようございます!


昨日は山口市内から宇部を通り下関へ。
かと思ったら角島と龍宮の潮吹を観光!
またいい出逢いが出来ました。





起床は午前9時。
昨日は長門にある図書館の裏にテントを張った。
外は明るく図書館の人がおはようございます〜と起こしてくれました^^;
優しい方で助かります。
急ぎ荷造りをしてトイレで顔を洗い歯を磨いた。




さて今日は何処へ向かおうか…。




萩へ行くのをやめ長門を歩くことにした。
すぐ近くにある「金子みすゞ記念館」へ。
歩いて2kmほどだ。

天気が良くて気持ちがいい(^o^)
日本海の見える海岸沿いにでると潮くさい香りがした。
北海道を思い出す。






f:id:naotonozinsei:20151227231757j:image










f:id:naotonozinsei:20151227231951j:image




入口は金子文英堂から。
大人350円。





f:id:naotonozinsei:20151227232333j:image




みすゞが生前詩を書いていた部屋が再現されて見学出来ます。
二階の窓から仙崎の街並みを眺めていた。





奥は資料館とみすゞの生涯や多くの作品が閲覧出来ます。





f:id:naotonozinsei:20151227232801j:image






本名  金子テル
山口県仙崎に生まれる。 今の長門市

20歳で童謡を書き雑誌への投稿を始め、童謡詩人の巨星と呼ばれる。

23歳で結婚し娘が生まれる。

26歳で離婚しその年の3月10日に死去。



自殺だそうです。


訳あって家の事情により結婚をせまられ夫に童謡の投稿や文通を禁じられ結婚してから詩を書く事が出来なかったそうです。



病気が原因かと思ったら亡くなったのが自殺と知って複雑ですね。
多くの作品を書いてきた中でみすゞの過去を知る事が出来たのは良かった。
今は教科書にも載るくらい有名な詩もみすゞの没後1人の童謡詩人によって世間に知られるようになりました。




大漁





f:id:naotonozinsei:20151227234925j:image





f:id:naotonozinsei:20151227235042j:image





命の尊さを感じました。
人間にも命があります。
同じ様に魚にも命があります。



仙崎の名産カマボコ板に大漁の詩が書かれています!
ブラックライトで大漁の鰯が泳いでいる。





記念館から真っ直ぐ歩き遍照寺へ。





f:id:naotonozinsei:20151227235547j:image





みすゞのお墓があります。

お墓の前には鈴が下がっていました。
手を合わせてきました。





f:id:naotonozinsei:20151227235800j:image






今年の12月に安倍晋三が寄贈しました。
かなり最近じゃん⁈
タイムリー。





仙崎駅へ歩く。






f:id:naotonozinsei:20151228000403j:image







駅の中にはみすゞのモザイク画があります。
これもカマボコ板。
近くで見るとメッセージが書いてありました。






f:id:naotonozinsei:20151228000620j:image






メッセージ書いちゃった‼︎
上書き^^;
みすゞの故郷に来ましたとさ。





電車の時刻表を見たら日に6本だけ^^;
終電が18時。
またも北海道を思い出しますね。




これにて金子みすゞの故郷巡礼を終了。
金子みすゞに興味があった訳では無いけど近くで寄ってみたらけっこうおもしろいというか興味が湧いた。

詩集もじっくり読んでいると幾つか深いなぁと思うものがありました。
金子みすゞの詩は分かりやすくてよい。
そして優しさが溢れていた。

ありがとう!




時刻は午後3時。
長門市内からヒッチハイクをします!
目的地は下関‼︎
戻ります‼︎



R191号沿いに立つ。
途中数台止まった車はありましたがいずれも下関までは行かないので丁寧に断りまた粘ります。


1時間しないくらいでさっきも目の前を通ったおかあさんが途中まで乗せようかと言ってきた。
さすがに一発で下関までは遠いかと考え車に乗りました。

さっきの場所から15㎞ほど進んだ人丸駅という場所で下車。






f:id:naotonozinsei:20151228002239j:image





ありがとうございました!



去り際にまたしてもカンパというお小遣いを…⁈





受け取らない事に成功。




遠慮したら素直に財布の中へ戻っていった…。


これでいい。

これも修行。 追い込みだ‼︎

この後絶対良いことあるぞ〜。



腹が減ったので目の前のスーパーへおにぎり弁当購入。
入口のベンチで貪り食う^^;



よし‼︎

日が暮れるまでヒッチハイクだ‼︎




取り敢えず歩いていると車が止まり声をかけられた。



下関まで乗るかい⁇







うおおおおおぉぉ‼︎


ヒッチハイクキマった(>_<)


これはありがたいことだ。


みたか!

これがカンパを遠慮した成果だ〜(^o^)



ハイエースに荷物を積み込み下関へGO!
おとうさんとかわいい女の子が二人。
バイクで北海道にもよく行っていたそうです。


海岸沿いを走り90分くらいで下関市内へ到着!
近くに公園とゆめタウンがある立地条件最高な場所で下車(^o^)







f:id:naotonozinsei:20151228003728j:image






ありがとうございました!
本当に優しい方でした。
ピント合ってないや(*_*)


テントを張りゆめタウンでお買い物して今日は終わり!








はい!

今日の午前中は長門にある金子みすゞ記念館へ。
深く知らなかったみすゞの生涯と優しさ溢れる深い詩を読み金子みすゞという人間に考えさせれました。

夜はヒッチハイクで下関へ戻る事が出来たのは予想外!
きっと自分の持つ強運だろう(^o^)

なんて!


明日は下関を歩きます(^o^)







それではまた明日☆









f:id:naotonozinsei:20151228004444j:image





声に出して読む事でとても心に響きます。


なにも恐れる事はない。
人と違う、変わっているところがある事はとても素晴らしい事なんだと。


とても前向きになれますね!








f:id:naotonozinsei:20151228004529j:image






ありがとう。