読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおとの日常♪

不定期でなおとの「日常」をお送りしております。遡るとヒッチハイクで日本一周した昔話しもありますよ〜。25歳までに音楽でスーパースターになる事が私の野望です☆

阿蘇山アタック‼︎ 冬の登山は楽しいな⁈


 

※ この記事は1/12の出来事です。



おはようございます。


安心して下さい生きてます(^o^)

久しぶりにブログを書けないくらい歩きました〜(*_*)


昨日は道の駅と電車の駅が同じ場所にある珍しい道の駅でした。
阿蘇駅の駅舎が24時間開放中なので駅舎で寝袋に入るも寝ないでオールナイト(^o^)




オールナイトからの阿蘇山登山(^o^)



時刻は午前7時。
外はまだ薄暗くて寒い。
標高は1500mくらい。
ヒッチハイクで山頂の火口まで行こうとしたが全く車は通りません(*_*)
時折通るのは地元の車。
バスで上ろうと思ってもバスが来るまで2時間もある…。







f:id:naotonozinsei:20160113144220j:image






一泊2000円‼︎
安いです。
今時珍しい光景だ。




悩んだ結果二本の足で登る事を決意…。




荷物が…。




阿蘇の観光案内所みたいなところでなんとか荷物を預かってくれた為そこは助かった。


山頂までは約15㎞。約3時間。
登山道を使えば2時間30分くらいだ。



とりあえず舗装された道を走ります。



阿蘇山アタック‼︎







f:id:naotonozinsei:20160113144122j:image







すぐ息切れして歩く。

30分してやっぱり登るのやめようかなぁと思う。
昨日6時間以上歩いたのに今日も朝から3時間の登山スタートってさぁ…。

けれども足は前に。
途中の登山道を見つけ進路変更。







f:id:naotonozinsei:20160113144409j:image






目の前には阿蘇山が見える。
天気は悪いしまた冷えてきたし…。
道は牛糞だらけだった。
さらに登ると牛がいた!


途中でまた舗装された道路に出て歩いていると後ろから軽トラが来て横で止まった。




山頂まで乗るかい?







はい(^o^)



めっちゃ助かります(*_*)

自衛隊の方でした!
自衛隊の人に乗せてもらうのは4回目。
狙われてますね。








f:id:naotonozinsei:20160113144742j:image





とても元気な方でした!
ありがとうございます(>_<)





降りるとかすかに雪が舞ってる⁉︎

着いたのは山頂ではなく山頂手前の駐車場。
博物館やレストランがあります。



寒過ぎるので博物館に避難(*_*)
もらったベンチコート持ってきて本当に正解。
下との温度差半端無いです。






f:id:naotonozinsei:20160113145223j:image






山頂まで行こうと思ったら火山活動がはじまっていて今は山頂までは行けないらしい。


火口が見れないとは…。
登った意味…。
でも早く下山したかったからこれも正解かなぁ…。


帰りはバスに乗りました。
600円。
荷物を引き取り無事下山。
一安心した。



さて時刻は午後1時。
阿蘇を越えて大分県に向かいます‼︎
R57号を歩いて5㎞。







f:id:naotonozinsei:20160113150050j:image











またさらに寒い(*_*)

なんで⁇

手がかじかんでる。
昨日のオールナイトのせいかとても眠い。
歩きながら寝そうになった。



時刻は夕方5時過ぎ。
宮地駅の方にやっと運動公園を発見。
暗闇にテントを張りすぐに倒れた。





目が覚めたのは夜の11時過ぎでした。





寒い(*_*)




これはヤバいぞ‼︎

よりによって普通ならこれから寝ますよ〜って時間なのに。
寒くて眠れないから朝までオールナイトコースが確定。
寝袋に頭までこもりベンチコートも着込む。
足だけは裸足。




眠くなくても目を瞑りこの時だけは早く朝になれと願う。
午前5時になり公園を下りた所にあるコンビニへ向かった。
暖をとる為に。
気温は1℃くらいかな?
外は真っ暗です。
雑誌を立ち読みして夜明けを待った。







はい!

今日はオールナイトで阿蘇山アタック‼︎
山頂手前まで着いて雪〜。
さらには火口まで行けないという…。

下山した後は阿蘇神社へ行って途中眠すぎて倒れるかと思いました。
オールナイトからの登山は危険ですのであんまりしないほうがいいですね。
夜は寒過ぎて…。
起きたら日をまたいで…。
続きはまた今日中に書きまとめて更新します。







それではまた明日☆








f:id:naotonozinsei:20160113151905j:image








冬の1月に山登りするのはアカン‼︎

軽装は地獄をみる。

いい思い出。