なおとの日常♪

不定期でなおとの「日常」をお送りしております。遡るとヒッチハイクで日本一周した昔話しもありますよ〜。25歳までに音楽でスーパースターになる事が私の野望です☆

沖縄探索3日目‼︎ 平和祈念公園の恐怖。



※この記事は2/6の出来事を纏めた物です。





おはようございます!


沖縄に来てから毎日その日にブログを書く事がなかなか出来ておりません…。
ごめんなさい^^;





昨日は本部から名護へ。
綺麗な海を見て那覇市内へリターン!
お風呂に入れてスッキリです(^o^)





起床は午前9時。


お風呂でリラックス出来たせいか熟睡。
サウナと水風呂の効果は大きい…。


夜は雨が降ったみたいでした。
気付かなかったなぁ^^;
荷造りして遅めの出発‼︎





今日は沖縄県の南部へ!
天気は悪いです。
沖縄の2月は雨季らしいので仕方ありませんね…。
オフシーズン。



目的地はニライカナイ橋と斎場御嶽
時間があれば平和祈念公園にも行きたい。
ニライカナイ橋までは距離があるので30分ほど歩いた所からヒッチハイクをはじめた。


5分しないで車を捕まえニライカナイ橋を下りつつ斎場御嶽まで行くことが出来ました‼︎
ラッキ〜☆
乗せていただいたのは地元のおかあさん。
沖縄独特のイントネーションのある優しい方でした(^o^)







f:id:naotonozinsei:20160207030426j:image





サトウキビ畑



この時期が収穫時みたいです。
だいたい収穫されていました。
サトウキビ畑の唄を中学の合唱コンクールで歌ったことを思い出す。







f:id:naotonozinsei:20160207030605j:image









分かりづらい^^;
ニライカナイ橋から見える海がとても綺麗なんですよ〜(>_<)
鮮やかな水色です。
ドライヴには持ってこいな場所ですね。

ニライカナイ橋を下って斎場御嶽のある駐車場で下車。
ありがとうございました‼︎




風強い(*_*)
ちょっと寒いな…。

観光案内所へ入り荷物を預けて斎場御嶽のチケットを購入。
大人200円。

入る前にお昼ご飯をいただきます。






f:id:naotonozinsei:20160207031002j:image








ソーキそばとほぼ変わりないです。
お肉が豚の角煮。
ソーキそばは豚の骨付き肉。
沖縄そばの方が食べやすい気がしました。
ここはちょっと割高な700円。
ご馳走様でした‼︎









f:id:naotonozinsei:20160207031213j:image






お昼ご飯を食べた後に斎場御嶽へ。
世界遺産だったことを知る。





そもそも斎場御嶽とは?




沖縄の神聖なる場所。
祈りを捧げたり色んな歴史がある所です。
うまく説明出来ない…。








f:id:naotonozinsei:20160207031403j:image






よく分からないけど神聖な空気が流れている様な気がしました。

砲弾の爪痕も近くにあり当時は相当な数の砲弾の雨がこの近辺に落とされたそうです。






f:id:naotonozinsei:20160207031615j:image





とても大きな岩石。
天気は悪いのにここは晴れている。
不思議だ。



斎場御嶽を出ると雨が…。
風も強く外は台風みたいな感じだ。
観光案内所の休憩スペースに座り作戦会議。







f:id:naotonozinsei:20160207031827j:image






友人が描いた愛犬のココ   





その鼻はなんですか…。




笑わせてもらった。





午後3時。

雨も風も止まず仕方なくバスを使い糸満市にある平和祈念公園を目指す。
アクセスが悪くバスを4回ほど乗り換えなくては辿り着けないという事態。

2台乗り継いでその後は平和祈念公園まで歩く事にした。
90分も待てんわ‼︎
10㎞の道のりを雨の中歩きます。
まぁ確実に夜になっているから今日は平和祈念公園まで行きそこで野宿して翌日公園を散策しようという結論に至った。



カッパも着ないで歩きました。
途中バスに抜かされた〜(*_*)
休憩を少し挟み歩き続ける。
気が付けば真っ暗な闇の中。
海岸沿いは左に海と右に山と民家が点々とあるだけ。




大きな交差点に出た所で左へ曲がる。
その先に風力発電のために回る風車が勢いよく回っていた。
風を切る音が何かの叫び声に聴こえた…。
車はほとんど走っていなかった。


もうすぐで平和祈念公園だ。
闇の中を疲れ切って顔で歩いていると少し先で車が止まった…。




何処へ行く?










すぐそこだよ。
あと3分くらいだ。


それとあそこで野宿はやめた方がいいよ。


アレだから…。


手を合わせる意味深な行動。

 



アレってなに⁉︎


周りには街灯もなく車も人も走っていない。
風も吹き荒れて不気味だ。


少し歩いたら平和祈念公園に着いた。


ここで野宿かよ…。
これはちょっとヤバくないか^^;



立ち往生しているとまた車が自分達の近くで止まった。




コンビニまで乗せて行こうか?




助かります(*_*)
小さな車に荷物を詰め込んで急いで乗り込んだ。
ここはまずい。

ひとまずコンビニへ行き晩飯を買い近くに野宿しても大丈夫そうな公園は無いかと尋ねると一つあると言いそこまで乗せていただけることに!


よかった(>_<)





車は街を外れて海へ向かう暗闇へ進んで行った。
山の中へ入って下る。
ひたすらに。
車は1台も走っていなかった。



大丈夫か…?



内心おかしいなぁと思う。
思うだけで黙っていた。





そして公園到着。


着いた場所は平和創造の森公園。
ありがとうございました。






え…。



随分と真っ暗ですね〜^^;




ふみおきを見ると険しい表情をしている。


ここヤバい…。

早くここを下りよう。
顔がマジだった。



冗談で今日はここで寝ると言ったら真顔で死にたくなかったらついてこい。
そう言って早歩き。




なんか見えたの?



うるさい早く下りるんだと怒られた。
顔は暗くてよく見えなかったけど引き攣っているように見えた。


今日は寝ないで歩くぞ。
明るいところへ。
那覇市内まで行くからな。



え…。



自分も暗闇の恐怖とふみおきの焦る様子を見て怖くなり必死で歩いた。
とにかくついていく。



人も車も本当に見ない。
闇の中だ。
風で騒めく草木が恐怖を与える。
本当にヤバいやつじゃん(*_*)




半泣きです。




怖すぎるって…。
なんでこうなるの?
とにかく歩き続けて10㎞。
大通りに出て車も店も並ぶ道に出ることが出来た。





助かった…。




明るいという安堵感。
お店があり人がいるという安心感。
生きてるわぁ…。





市街地に出てから友人に聴いてみると平和祈念公園に入る手前から既にそういう気配を強く感じたみたいです。
特に危なかったのは平和創造の森公園に降りてからすぐ。


正直自分でも気味悪いしとにかく真っ暗で人もいない森の中には恐怖しかなかったです。
そんな中でおにぎりかじりながら必死で歩いた神経はどうかしていたと思う。


明るい市街地の公園で休憩して今日は野宿はやめよう。
更に歩いてカラオケか24時間営業のお店に行き朝まで過ごす。




しかし見つからない。




宿もホテルも夜中の11時過ぎじゃあ何処も入れない。
マクドナルドへ行くも本日は勝手ながら12時までの営業⁉︎



なんで…(*_*)



カラオケを見つけて向かってみるも飲み屋という始末…。
今日はおかしいよ。
とことんついてない。
朝からかれこれ20㎞以上歩いてる。


深夜の0時をまわった。
お互い疲労困憊状態。
野宿も考えたけど風も強くやっぱりお店を探す。
結果来た道を戻り24時間営業のファミレスに入り朝までやり過ごしました。







はい。



今日は那覇市内からヒッチハイク南城市にあるニライカナイ橋を渡り斎場御嶽へ。
朝は天気が良かったものの午後から悪天候。

無理して平和祈念公園を目指し歩いていき着いてみると異様な雰囲気…。
困っていた所をおじさんに乗せてもらって安全な公園にと言ったら超危険な雰囲気プンプンの闇の公園に2人下ろされる非常事態。

危険を察知した友人のお陰でなんとか糸満の市街地まで辿り着く事が出来た。
仮にあそこで野宿していたと思うと…。
今でもゾッとします(*_*)
本当に助けられたと思う。



とにかく今日という日は間違いなくついてない日。
どうしてこんな目にあったのか?
見えない所で調子に乗っていたのかもしれない。
非常識な事をしていたのかもしれない。
そうならば深く反省します…。
とにかく今日の事は沖縄のトラウマです(*_*)
思い出したくないけどこれはずっと記憶の中に刷り込まれて消えないと思う。


友人曰く俺を助ける為に沖縄に来たと…。
1人だったらあそこに野宿していたのかなぁ…。
こんな形で日本一周制覇なんて絶対ダメだ。
後味悪過ぎるって(*_*)
せめていい気分で実家に帰りたいなぁ…。



否。 いい気分で帰るぞ‼︎





それではまた明日。








生きててよかった…。

ありがとう。