なおとの日常♪

不定期でなおとの「日常」をお送りしております。遡るとヒッチハイクで日本一周した昔話しもありますよ〜。25歳までに音楽でスーパースターになる事が私の野望です☆

一眼レフで春を撮る!

おはようございます!







サクラの似合う女性とお花見がしたい!!!
(似合わなくてもいい!!!)









しかし、何故に桜の咲く時期だけをお花見と称するのか⁇










まぁ夏は暑いし、冬は寒いしねぇ…






調べると諸説ありました。


今の様な花見を嗜む文化は平安時代に生まれたらしく、元々は貴族の中だけで以後武士や農民にも広まって一般的なものになった様です。

農民による春先の豊作祈願的な意味もあるとか?



まぁ〜短い間の今の季節にしか味わえない文化だからからこそ粋というかその一瞬を楽しもうじゃないかという心意気がまさに日本人らしいですね(・∀・)







さて!



春らしく暖かくなってきたので早速相棒の一眼レフカメラを持って春を撮りに行って来ました!











菜の花と桜


春っぽいけど、どちらが主役か分からないってダメ出しされそうな写真…。


















背景ボケの1枚






後ろの桜がボケて菜の花が主役になりました(・∀・)

ボケが強めだけど、これなら何を写したかったのかよく分かります。

標準レンズで撮りました。














桜に寄って撮った写真ですが…



あーよく見る桜の写真(-_-)

(よく見ると満開じゃないし…)


桜みたいな木に咲く花は遠目から構えて風景やら人物と撮った方が写真には映えるなぁと思いました。







お次は地元近くの水族館⁇(ネイチャーセンター)へ移動して昆虫やらお魚を楽しもう(°▽°)


何十年振りだろうか。


むかし父親と遊びに来て入口の横にある売店とか水槽とか多分そのままの姿で感動した。



懐かしい…
(1人です←)













大きめな金魚がいました(・∀・)


尻尾切れてるし仲間の顔が写ってしまい写真的にはよくないのですが尾ビレのあたりは一眼レフらしい滑らかな質感が鮮明に表現されていました。


モードはマニュアルで撮影しました。











買ったらいくらするのかな?



















水泡眼という金魚です(・∀・)





あの袋の役割はなんなんでしょうか。















ブレブレな1枚





デジタル一眼レフって動きに強いって聞いたんですが(・∀・)


魚って動きまくるから難しい!!!

こういうのはオートでも撮れないんですね。

マニュアル操作の知識不足ですが水槽の前で設定をいじり倒して身体で覚えるスタイル。













ちょっ!

止まりなさいって…



(・∀・)
















ウーパールーパーさん







ずっと顔突っ込んでるんですよね…






( ˘ω˘ )















水槽に100匹くらいいました(・∀・)















かめ













黄金の金魚だって(・∀・)















照明がなぁ…














写真では伝わらない鯉のデカいこと





80㎝くらいありそうな鯉でした(°▽°)











迫力あります。







そのほか昆虫の標本が多数あります!












害虫とされてる蛾もよくみると可愛かったりするんです←

因みにモスラは蛾。














バイオリン虫⁈



この虫は鳴くんですかね⁇









ネイチャーセンターを満喫( ˘ω˘ )







子連れの親子が多い中を男1人カメラ構えて撮りまくってしまいました…。



大人になると遠ざかる自然に触れる発見と素晴らしさをいつも忘れないでいたいものです( ˘ω˘ )










よし。




夜は子供達が帰った静かな公園で夜桜を撮ろう(・∀・)

















よくある桜の写真2枚目




これはこれで日が暮れて冷たい感じが出ました。












意図せぬ前ボケ





後ろの桜にピントが合ってしまう事故。

意図して使えば面白そう⁈















オレンジの街灯と桜がいい雰囲気でした。













夜はマニュアルモードでひたすら撮影してました。
全く使ってこなかったマニュアルモードですがこの日はISO感度の設定をいじり倒して桜だけで100枚程撮影しました。









まだまだ一眼レフ素人なので適当なこと言いますが単にISOの値を下げると写真が暗くなります。











ISOの値は忘れた( ˘ω˘ )
多分1600か3200。





今度はISOの値を上げまして再度、同じ様に撮影しました。












ISOの値は6400or12800⁇




2枚を比べると明るさが違いますね!




ISO感度は光の量を増減させる設定で明るい場所では低く、暗い場所では高く設定すると良いみたいです。
ISO感度を上げすぎると拡大時にノイズが出やすいので注意点もあります!

また、シャッタースピードの値をいじることでも明暗に変化をつけられるそうです←


でもオートなら暗さを認識して明るく撮ってくれるからオートでもいいのかな?


今の技術だと暗い写真でも加工や編集でも明るく綺麗になるし…。

デジタル恐るべし。





撮っては設定を変えてを繰り返していくとその意味がよく分かりました!


なるほど、面白い!


素人ながらにISO感度の扱い方を夜景で覚えた!

次回はシャッタースピードについて覚えよう(・∀・)






それではまた!