なおとの日常

果てない好奇心の追求と男の浪漫を胸に!不定期で能書き満天のなおとの「日常」をお送りしております。過去にヒッチハイクで日本一周した昔話しもありますよ〜。25歳までに音楽でスーパースターになる事が私の野望です☆

台湾の楽しみ方 〜台北編〜

どうもぼくです。



世間では3連休が始まりますよ。




唐突にニュースでみたブラックフライデーってなんですの???





ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、小売店などで大規模な安売りが実施される11月の第4金曜日のことである。

ウィキペディアさんより


日本語では黒字の金曜日とも訳される←



売店の売れ残りを年末商戦セールと謳って売り捌くイベントのようなものかな?




大安売りの金曜日で黒字商戦!






はい。




本題入ります。




皆さんは海外旅行って行ってますか?





SNSをしていると身近な人が連休や有給を使って海外へ行く人がチラホラといます。







なんか一歩上の人の旅行って感じでいいですね…。





羨ましいぃぃぃぃぃぃうぅぅぁおあお








そんな私も5月のことになりますが海外へ飛びましたのでレポート致します。






飛びましたのは親日国である「台湾」





なぜ台湾か???






イムリーなことでたまたまテレビで

「日本人の海外旅行先ランキング」

なるものがやっておりまして。





1位台湾

2位ハワイ

3位韓国



この前のテレビ番組の情報より

(ほんとにわりと最近)




1位が台湾⁈




なんでだろ?




やっぱり台湾には日本人好みな魅力がたくさんあるんだろうなぁと思ったので改めてブログという形で纏めてみました。





先ずはじめにズバリこれではという理由を以下に。





・旅費が安い
・日本に比べ物価が安い
・日本から近い
・治安が良い
・グルメが豊富
・日本人好みな可愛い子が多い
(↑男性必見)






確かに!!!





因みに日程は旅行会社を通した3泊4日の旅。





アクセス




フライト時間は成田空港より約4時間

時差は日本時間よりマイナス1時間です。


日本 10:00
台湾 9:00




4時間で海外へ行けるのならエコノミー万歳。

苦にはなりませんね。




気候・気温


一年を通して過ごしやすい国です。
冬の12月でも台北の平均気温は18度で夏の8月で30度前後のようです。

幻想的なランタンフェスティバルは2月より。

ベストシーズンは3〜5月、10〜11月。
恐らく暑くもなく寒くもなく過ごしやすい気温なのでしょう。


皆さんも来年のランタンフェスティバルをみに是非行ってみましょう!

私はみてない←





通貨は「ニュー台湾ドル」=台湾元


1ニュー台湾ドル=3.6円というところでしょうか。

2018.11.14 現在

なおと調べより




昨年行きましたイギリスは1ポンド150円強の為替でした。
比べるとやはりヨーロッパ高し。





因みに今回は台北市内を中心に観光となります!


私の日本一アバウトで分かりやすい真心溢れる絵を添えてどうぞ。











台湾図 ↑


赤字部分が今回観光した台北になります。


桃園国際空港より地下鉄を使いまして40分ほどで台北の中心地に到着です。









台北の夜



台北市街に到着する頃には既に日は沈んでいました。
台湾の主要都市だけあって1番賑やかな街です!
異国の風を感じつつ早くもテンションは高めです。


しかし大きな都市ほど悪質な勧誘や犯罪も多く、しつこいエロ親父のキャッチは頻繁なもの。
こういう現地の人間は一目見て私達が日本人かどうか分かるそうです!

カタコトではありますが恥ずかしげもなくエロい日本語を駆使して執拗に足を止めにきます。
もう笑わずにはいられません…。






エロ親父を振り切りましてホテルに着いて荷物を預けたら夜市へ出掛けましょう!




台湾の夜と言えば夜市です!

夜市と言えば台湾です!






夜市とは???




日が沈んだ夕方頃より始まる飲み食いどころである!

基本的に屋台がたくさん並んでおり各々が食べたいものを食べたり飲んだりする楽しい場所でございます。

夜になると台北の一部で見られる光景で、大きな夜市から小規模でローカルな夜市があります。








そして「士林夜市」は台北最大の夜市なり!


台湾に来たら現金を持って必ず行きましょう。
若者向けですが昼間はショッピングを楽しめます。


買い物、食べ物、ゲームと子供から大人まで楽しめる場所です。
週末の士林夜市は人もすれ違えないほどの人混みで溢れかえりました↓




士林夜市へのアクセス


淡水信義線の「剣潭駅」が最寄り駅となります。

駅から徒歩1分!

駅の漢字が読めません←







屋台独特の鼻を突く匂いは「臭豆腐」キムチに近い独特の味がしました!
意外と美味しい。

見かけたら必ず食べるように!







東京の原宿みたいな所です。
若い子も多い!










日本じゃ食べられないものもたくさんありますね。

















台湾の射的はエアガン!

間違っても人に向けないように!







2日目は台北の最先端へ








台北101タワー




なんちゃないただのタワーです!

なんちゃないことはないが←

お土産はここで買いました。


「パイナップルケーキ」が定番の台湾土産らしいですが…。



正直あんまり美味しくないかも…。



何故なら私自身がお土産で買っていったものの評判が悪かったから…。
試食できるので試食してから判断してもいいですが口の中の水分持っていかれますので夏は要注意。


お土産に買うなら「台湾茶」や「烏龍茶」が失敗しないベストです!
阿里山産のの茶葉がオススメらしい。

カラスミという魚卵も有名ですが台湾っぽいのか分かりません…。


結論

台湾土産はお茶だけにしよう。


何かベストな台湾土産がありましたらお知らせください。









タワー出て直ぐにあるLoveなオブジェを発見!


よりによって男と来てしまった…。


台湾屈指の縁結びスポットと勝手に名付けとく。











愛ってなんだろう。




もっと必死になれ自分←












マンゴーアイス





台湾に来て食べたかったものその1です。

フワフワのかき氷とマンゴーがベストマッチですぅぅぅ。

約700円

1人で食べるには多い量でした^^;
現地人は2人で食べてるし…。

マンゴーアイスは2人で1つがベストです!



お昼はレストランの小籠包を食べました。

写真無いけど美味いぃぃぃ。

小籠包は2人前で1人分といった量です。
小籠包は絶対食べましょう!













小籠包の図



これは間違いなく小籠包だね。




軽く食べられてしまう。
1人2人前頼もう!





それからタピオカミルクティーも忘れずに飲もう!
約150円で日本の3倍近くの量のタピオカミルクティーが飲めます!

また、オーダーで氷の量と砂糖の量を好みに合わせて選べます。












タピオカミルクティーの図



(あんな尖ったストローでタピオカ吸えるわけないだろぉぉぉ…)







これが美味しいのですよ。



タピオカの粒が大きくモチモチで喉もお腹も満たされる←
これを飲んでる時が一番の至福の時でした٩( 'ω' )و

個人的にハマったので台湾のタピオカミルクティーをぜひ日本でもやって欲しいと切に願います。







小籠包を胃に詰め込み急ピッチで「九份」へ向かいます。












台湾の右端らへん




九份へのアクセス



台北の中心から鉄道に乗りまして「基隆駅」で下車。
そこから九份行きのバスに乗り換えます。
このバスの運転が荒過ぎぃぃぃ!

この方法が恐らく1番安いですが時間もかかります…。


九份の最寄り駅まで鉄道を使いそこからタクシーで向かうのもアリ。
運ちゃんとの交渉次第では安くて快適にいけるかも?




因みに日没前の夕暮れに向かうと幻想的な景色を楽しむことが出来るでしょう。
夜にもなれば九份の赤提灯とランタンがより雰囲気を醸し出してくれます。

九份のこの風景が「千と千尋の神隠し」のモデルにもなっております。
ほんとにこの映画はモデル地がたくさんありますねぇ。



因みに台湾屈指の観光地だけに非常に混雑します!

通路やお店は狭いのでなるべく平日に行きましょう!










バス停着いて早々に立派な寺院発見!











いい雰囲気です。











この景色!!!

ネットではもっと綺麗な夜景の写真がありましたがコレもいいですね。

日没前ですが良い眺めでした!!!

山の高台にある風景ですね( ´∀`)




夜になれば明かりが灯りいい感じになります(^^)




陽が落ちて早々に台北へ戻ります!



帰りのバスの運転も半端ないって。

なんで大型バスで峠の急カーブをそんなに攻めるんだ!!!

窓に頭をぶつけては疲労で吐きそうになるのを堪えてホテルまで耐えるのである。




夕飯を適当に済ましてからまだ時間があるので再び夜の街へ。

疲労を癒しにサウナへ行きました。



台北の中心部にあるスーパー銭湯のような施設です。








金年華三温暖

三温暖でサウナと読むとみた。


ちょっとあやしいし…。
入りにくいなぁ…。

意を決し突入!

受付のおばちゃんに鍵をもらいます。


・24時間営業
・日本語でも大丈夫
・クレジットカードOK
・安心な後払い


通常入浴約2000円。
大浴場とサウナが利用できます。

それから休憩室があり飲み物が無料で飲めました!
別途で食事も出来ます。
暗い仮眠室もあり眠れそうです。




汗を流して休憩室で休んでいると

おにーさん!

と声を掛けてくるおばさんが…!!!



これより先アダルティなサービスが…。



かくして心も身体もスッキリしてホテルへ帰るのであった。







3日目の最終日は「淡水」へ行ってきました。









台湾の左端らへん





淡水へのアクセス




台北の駅から淡水線で淡水駅で終点下車。
所要時間約40分。

北投行きに乗らないように注意!






台湾っ子定番のデートスポットらしいよ。
2017年度るるぶより

強いて言えば台湾の横浜といったところでしょうか。

いや、東京湾か。










巧みなイングリッシュで観光客と交流する友人を見て自分も英語を話せるようになりたいと思いましたぁぁぁぁ!!!











そんなわけで台湾は台北の魅力をお伝え致しました。

台湾の魅力伝わりましたか?

島国という日本と似た環境ではありますが言語の異なるアジア独特の文化を肌で感じるのは刺激的で楽しいものです。

現地でも日本語の分かる方と少しですが交流も出来て結構安心して過ごせる国だなぁと思いました。

近いのでまた今度来た時は台中、台南にも足を運んでみようと思います!



それではまた。










台湾のB級アイドル風でこのブログの〆とさせていただきます←



失礼しました。


それではまた。